エントリー

432MHz 500W power Amp Kit-5

LPFから話題はちょっとそれますが、水冷銅板関連の部材が入荷したので最終バージョンの冷却システムを組んで実験をしてみました。500W CWでの連続運転でも冷却水温、およびデバイス温度は以前の実験システムと差異はありませんので、今回変更した水冷ジャケットの冷却能力としては問題ないと思います。

RIMG0688.JPG

PA部分のアップ

実験用のシステムより大分軽量化ができました。やはり銅は重いですからね。(半分以下の重量です)

RIMG06891.JPG

水冷銅板です。冷却に水冷システムを用いず空冷システムを使いたい場合でもヒートスプレッダとして使用可能と思います。穴あけ加工済みの単品での販売も予定しています。ただし、価格はそれなりに高価になってしまうと思いますが。。。。

RIMG0690.JPG

ページ移動

コメント

浦野 洋

大久保様
先日の2018ハムフェアではご教授ありがとうございました
JR1XUD百瀬さんとはローカル先輩つながりで時折QSO頂いております。
当方第1定年まであと2年ちょっとの断続再開組です。
中1で電話級、社会人1年で2アマ、ぶり返して昨年1アマという
輩です。アンプに興味津々でV-mosで作っては壊し(飛ばし)
試行錯誤しています。お話ししたように一念発起1KWHF目指し
パーツ集め中でLD-MOSの話題に喰いつきました。JA1BOP、JH2CLV等OMのwebでにわか知識集積中でした。以後よろしくお願いします

大沢 繁喜

ハムフェアーではいろいろ教えて頂きありがとうございました。本blog完読致しました。LDMOSのHFでの問題点が多数あることが判りました。ロシア製の水冷2パラを動作状態にすべく妄想を巡らせております。
国内的にはHFのampの方が関心が高いと思います。ぜひHFも実験に加えていただきたくお願い申し上げます。
de jh1gtv/k1gv
同行いたしました久木田のところでは、イタリア製1.3KW、ドイツ製2パラ、ロシア製水冷2パラが現用されております。
多くの問題点を教えて頂き、ただ動くようにするだけではいかんと思始めております。

大久保

上記コメントをいただいたお二方へ
大変申し訳ありません。1年以上もコメントを確認していませんでした。
今年のハムフェアでも出展させていただいたので、当ブログのコメントを整理(スパムが非常に多く、埋もれてしまっておりました)した所、以前いただいたコメントを発見した次第です。
もし、またご覧になられましたら今後ともどうかよろしくお願いいたします。

  • 2019/09/03 15:27:39

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2019/09/13 03:30:39

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限



ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着画像

新着エントリー

新規更新について
2019/09/04 17:34
432MHz 500W power Amp Kit-5
2018/07/05 14:40
432MHz 500W power Amp Kit-4
2018/07/04 17:40
432MHz 500W power Amp Kit-3
2018/06/27 16:28
432MHz 500W power Amp Kit-2
2018/06/22 01:02

新着コメント

Re:432MHz 500W power Amp Kit-2
2019/09/13 from 承認待ち
Re:432MHz 500W power Amp Kit-5
2019/09/13 from 承認待ち
Re:432MHz 500W power Amp Kit-4
2019/09/13 from 承認待ち
Re:432MHz 500W power Amp Kit-4
2019/09/12 from 承認待ち
Re:432MHz 500W power Amp Kit-5
2019/09/03 from 大久保

Feed

ユーザー